片岡内科消化器クリニック

お問い合わせ・ご予約はこちら...TEL:088-611-1251 医療法人片岡内科消化器クリニック HOME

コラム

HOME >
コラム >
自動CRP測定装置LT-130、
自動血球計測装置5分類LC-5000を導入

目次

自動CRP測定装置LT-130、自動血球計測装置5分類LC-5000を導入

自動CRP測定装置、自動血球計測装置5分類を更新することにより、血液検査の結果が詳しくスピーディーにわかるようになり、より正確な診断が可能となりました。

◆自動CRP測定装置LT-130(写真右)

血液中のCRP(C反応性たんぱく)の濃度を測定する装置です。この測定値から患者様の感染症の有無や炎症の程度を知ることが出来ます。

  • わずかな採血量で測定OK
  • 約4分で結果が分かります。

◆自動血球計測装置5分類LC-5000(写真左)

血液中の細胞(赤血球と白血球)の数を測定する装置です。この測定値をもとに貧血をはじめとした様々な血液の病気を診断することが出来ます。

  • わずかな採血量で測定OK
  • 約1分で結果が分かります。
▲ページのトップへ