片岡内科消化器クリニック

お問い合わせ・ご予約はこちら...TEL:088-611-1251 医療法人片岡内科消化器クリニック HOME

コラム

HOME >
コラム >
オリンパス内視鏡システム
【EVIS LUCERA ELITE】徳島県内初購入!

目次

オリンパス内視鏡システム【EVIS LUCERA ELITE】徳島県内初購入!

EVIS LUCERA ELITE当院では、最新式のオリンパス社製内視鏡システム【EVIS LUCERA ELITE】を徳島県内で初めて購入しました。これにより、観察性能の向上を図り、早期発見・早期治療へとつなげ、特に経鼻内視鏡による胃がん・食道がんの発見に効果を上げています。

オリンパス内視鏡システム【EVIS LUCERA ELITE】の特徴

◇観察性能の向上

《より細く・より高画質に》

これまでの経鼻内視鏡は、太い経口内視鏡に比べて画質の面で劣るとされてきました。しかし、今回の新機種はより細く・より高画質という技術の進歩により、太い経口内視鏡と同等の画質を実現しました。

《より明るいNBI》

オリンパス社独自の技術である[狭域帯光観察(NBI)]を技術改良によって、観察部位の奥までより明るく映し出すことで観察性能がアップしました。

◇操作性・挿入性の向上

《より苦痛を少なく》

大腸内視鏡は、カメラ先端部を挿入し手元で操作しながら腸内を進めていきます。その際に、大腸は曲がりくねった臓器なので、そうした場所では湾曲部が腸壁を押すと鈍い痛みを感じることがあります。それを和らげるために採用されたのが受動湾曲部です。 これは、湾曲部が腸壁に当たって力がかかると、この受動湾曲部が自動的にしなり、これによって腸壁を押す力が内視鏡先端部を先へと進む力に変換されるようにしたものです。

《より操作性を高く》

複雑に曲がった腸内を内視鏡がしなやかに進んでいくためには、内視鏡挿入部(挿入する長い部分)が柔軟でなくてはなりません。しかし、柔軟すぎても力が伝わりません。
これを解消する「高伝達蛇管(じゃかん)」という新構造を開発し、より力が伝わりやすくなり、操作性が向上しました。これにより、より短時間で効率良い検査が可能となりました。

▲ページのトップへ