片岡内科消化器クリニック

お問い合わせ・ご予約はこちら...TEL:088-611-1251 医療法人片岡内科消化器クリニック HOME

コラム

HOME >
コラム >
UCR内視鏡用炭酸ガス送気装置について

目次

UCR内視鏡用炭酸ガス送気装置について

従来の大腸内視鏡検査においては、空気を注入しますが、 この場合検査後、腸管内に充満した空気の影響で、「お腹の張り」や 「不快感」を伴うことがあり、このことが内視鏡検査がつらいという イメージにつながっていました。
そこで、当院では新たに「UCR」を導入いたしました。

UCR

これは、空気の代わりに炭酸ガスを注入することにより、検査後の苦痛を大幅 に軽減することが可能となる装置です。
炭酸ガスは、空気に比べて腸管内で速やかに吸収される特性(空気のおよそ200倍)があります。つまり、腸内に長時間空気が残らない為、これが、 「お腹の張り」や「不快感」を和らげる効果のもととなっているのです。

空気

体内への吸収スピードが遅い

炭酸ガス

体内に速やかに吸収される
(空気の200倍)

通常の大腸内視鏡検査や、長時間を要する腹腔鏡手術においても有効性が 高く、また患者さんへの負担が軽減し「以前より検査が楽になった。」と 喜んでいただいております。

▲ページのトップへ